ガラス修理で窓の耐久性UP~デザインガラスの魅力~

耐久性に優れたステンドグラス

教会にあるステンドグラスはデザインガラスの一種です。教会は古くからありますが、ステンドグラスが割れたという事件はほとんどなく、そのままの状態で残っています。

ステンドグラスが割れることなく長持ちする理由はなぜ?
ステンドグラスが割れずにそのまま残っているのは、ステンドグラスの制作が大きく関係しています。このガラスは、割れたガラスを集めてその破片を半田付けして製作したものです。ガラスにデザインを加工せずに、破片を合わせることによりガラスにしなりを生み耐久性を高めることができます。他には、外側にガラスをもう一枚取り付けて二重窓にしています。それにより雨風をしのぎ、劣化を防ぐことができるのです。

この構造は今のガラス修理に取り入れていて、二重窓にすることで耐久性を高めています。昔からある技術と最新の技術を組み合わせることにより、耐久性の高いガラスにすることが可能になります。

ガラス修理でデザインガラスを選んだ人の声

たくさんの窓

最近ではガラス修理をした時に、デザインガラスに変えたという人が増えています。変えたことで満足したという人が多いです。実際にガラスを交換したことがある人達の声を、口コミを見て参考にしましょう。

サンプルがあるので検討しやすい!(30代/男性)

デザインガラスへ交換することで室内の雰囲気が良くなりました。交換する前に、ガラス屋に相談してガラスのサンプルを見て選んで購入したのです。デザインは写真と実際に見るのでは印象が異なるため、自分の目で見て選ぶようにしました。交換してから違和感があるという事態を避けることができたので、サンプルを見てから選んで良かったと思っています。

ガラス加工について分かりやすく教えてもらえた(30代/女性)

デザインガラスと交換したいと思ったけれども、断熱性のあるガラスにも興味がありました。ガラス屋に相談すると、ペアガラスという製品を紹介してもらいそれを選んだのです。ペアガラスの加工についての説明も分かりやすく、それをデザインガラスにするための工法も分かりやすかったです。相談した時の対応も良く、気持ちよく相談することができ今ではイメージ通りの室内にできました。

TOPボタン